痛くない治療

痛くない治療「痛くない治療」は、患者さまが望まれる大切なポイントでしょう。肌に感じる感覚と比較すると、お口の中はとてもナイーブです。だからこそ「痛くない」治療が必要です。

特にお子さまの場合は、痛み以前の問題として、注射針そのものに不安を感じることがあります。心理状態によって、痛みをより大きく感じてしまうこともあるのです。ですから、どのような治療をどのような方法で行うのかをしっかりとご説明しています。お子さまには、針を見せない工夫や声がけの方法とタイミングで、気づかないうちに麻酔が終わっている、といった心理面での工夫も重要です。

麻酔の方法も、表面麻酔を歯ぐきの表面に塗り、粘膜表面の痛みを麻痺させることで、注射の針を刺すときの痛みを緩和させることができます。これに加えて、麻酔薬を人肌に温めることで、麻酔液注入時の違和感を抑えることができます。

無料相談・カウンセリング承ります

診療のご相談・ご予約お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは「HPを見ました!」とお伝えください お問い合わせはこちら