むし歯の進行状態とその治療方法

むし歯の進行具合は「C」で表現され、その状態に応じて6段階で表わされます。むし歯は気がつかない間に進行してしまうもの。痛くなってからでは手遅れです。定期的に歯科健診を受けて、初期の段階でむし歯を見つけましょう。

CO(むし歯の初期状態)Co
穴があいたり、黒くなったりしてはいませんが、エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態を言います。見た目にはほとんどわかりづらいむし歯の初期状態です。

この段階ならば、フッ化物入りの歯磨き剤を使ってきちんと歯磨きをすることで、再石灰化させることが可能です。普段からの歯磨きをきっちり行って進行を防ぎましょう。

C1(むし歯の中期状態)C1
エナメル質内に細菌が進入して穴があいた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。

むし歯の部分を必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。穴の状態が小さいうちに治療を受けましょう。

C2(むし歯の後期状態の初期)C2
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態です。象牙質は柔らかいので、放っておくとむし歯は中で大きく広がります。そうなると冷たい水や風がしみるようになり、さらに甘いものや温かいものがしみるようになると、歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。

むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。むし歯が歯の深部まで広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをして詰め物を製作して装着します。

C3(むし歯の後期状態の中期)C3
むし歯がエナメル質と象牙質を溶かし、神経(歯髄)まで細菌が進入した状態です。歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし、激しい痛みを感じます。熱い食べ物や飲み物がしみてズキズキ痛み出し、時には歯ぐきが大きく腫れます。

C3レベルでは、根管治療という歯の根の治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。被せ物などの土台になる根の治療なので、歯を残すためにはとても大切な処置です。

C4(むし歯の末期状態)C4
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。そのまま放置すると、その痛みはある日なくなります。これは、治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっている状態です。

ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていればC3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。

無料相談・カウンセリング承ります

診療のご相談・ご予約お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは「HPを見ました!」とお伝えください お問い合わせはこちら